スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お誕生日会

昨日は同じ感染症対策の隊員の生誕34周年記念のため焼き肉屋へ。

相変わらず美味しい焼き肉を食べながら、彼の誕生日を祝った。

SEDEに帰ってからはEさんの餃子と某隊員が作った生チョコ風のお菓子(絶品!)をいただいた。



今週末は新聞記事はお休み。
スポンサーサイト

今週のSEDE

今週も上京。
無性に鍋が食べたくなり、前に日本から送ってもらったウェイパーを使って鍋を作った。
明日は某隊員の誕生日会を開催予定。




本日の記事

2/25/2011 viernes numero 4,726

50回の鞭打ち
犯罪に罰を与える

隣人をQ10,000でたかった罰は、父親母親それぞれ25回ずつ鞭打ちを受けることだった。

ペドロ(28歳)は隣人に金を要求したことで告発された。

集落のリーダーたちはペドロ逮捕のために、被害者がお金を引き渡す振りをする計画をした。
罪を裁くためと、他の被害者がいないかを調べるために、お金を受け取るときに彼は逮捕された。

そのとき群衆の一人が発言を求め、そして言った。「彼は一ヶ月前に彼の同居者と一緒に、彼の兄からQ350,000を盗んだ」
ペドロは鞭打ちで罰せられるまで連れて行かれた。



相変わらず変な日本語だ。

イスラムと違って両親が鞭を打つというところが、親のしつけみたいで優しさを感じる。

ちなみにインディヘナが多く住む西側地域では今なお私刑が行なわれている(ここもそう)。
時々犯罪者を留置所から引きずり出して、ガソリンかけて燃やす記事が新聞に載っている。そう考えると、この人は鞭打ちだけで良かったのかもしれない。

今週もデモ

またまたまた、デモで職員はいない。
今日は首都ではなくエルサルとフティアパの国境あたりで行なうらしい。
公務員なんだから国民生活の妨げになるような(交通封鎖とか)ことはどうかと思うが、まぁ感覚が違うのでしょう。
いつも言っているけどデモの日は仕事がないんだから休みに(ry


今日の記事

2/24/2011 jueves numero 4,725

100人の死者
捜索を一時中止 -NZー


NZの救助隊は昨日、地震により倒壊した建物の下敷きになった100人の救助を断念した、と警察は報じた。
死体からは救助作業を続けることの危険さと生存者がいないことを物語っていた。

CTVの建物の中の100人の被災者には、20人の日本人(交換留学生)と数が不明な新聞記者、そして地震後施設の調査に来た警察官が含まれている。

生命の兆候がない

救助員たちはマイクロカメラを使い残骸の中を調べたが生命の超はなかったと告げた。
ある女性は倒壊したオフィスの机の下に26時間閉じ込められたが救出された。
今のところ、この地震によって75人の死者がでている。




NZの地震はグアテマラの新聞にも載っていた。

私の地元釧路も地震が多い場所で震度6も経験している(参照①参照②)。ものすごい揺れだったが、市内での建物倒壊はほとんどなかったはず。NZはよっぽど強い揺れだったのか、建物がもろかったのか。
とにかく救助作業が進むことを祈る。





Jocotánからのメール

任地変更前の配属先の同僚からメールが来た。

何でも前に教えてあげたTHE BLUE HEARTS のリンダリンダの動画を見ていたら私のことを思い出したらしい。

彼はバンド活動をやっていて、その動画を興味深く見ていたのを思い出した。

そんな彼から、彼のバンド動画を紹介されたので載せておく。ちなみにベースをやってる人が元同僚。





本日の記事。昨日言った通り一面にこだわらないでいきます。
緊迫の中東情勢、その中でも大変なことになっているリビアについての記事。

2/23/2011 Miercoles numero 4,724

「ネズミを捕まえろ」
カダフィー死の脅し

チュニジアとエジプトの体制崩壊からアラブ諸国に波及している反乱は、非常な鎮圧の命令を出したリビアにも続いている。また、数万人がバーレーンとイェメンでも抗議活動をしていた。

カダフィーはテレビで脅した。武装した兵士による「死の罰」という脅しで。
そして、彼の支持者たちに自身の立場を明らかにした。
「外に出て、ネズミを捕まえろ」彼は敵対者について言及した。
国連安保(たぶん)がリビア状況を話し合うためNYに集まっている時に、カダフィーはテレビ演説をした。
ドイツ代表は国連に素早い対応を求めた。

数百人の死者がでているのにかかわらず、カダフィーは警察と軍に国と反乱者が支配している地域のコントロールの再会を命じた。




リビアについての記事はDiarioに載ったのは初めてかも。他の高級紙には毎日載っているんだろうけど。
民主化運動の流れが大西洋を渡ってアメリカ大陸にまで波及する、ということはないなぁたぶん。中米には独裁国家はないし。あるとしたらベネズエラか。粉奈さん気をつけて!




フティアパ

朝から所用で隣のフティアパ県に行ってきた。
行ってきただけで特に何をした訳でもなく本日終了。
同僚にドミノピザをおごってもらい、昼飯浮いた。

ドミノピザの店内では私の電子辞書が大人気。単語の発音もしてくれるので同僚たちはおもちゃのようにいじっていた。スラングや卑猥な言葉を調べては大笑い。




本日の見出し一面記事

2/22/2011 Martes numero 4,723

強盗失敗

売り上げを渡さなかったために、昨日バスの車掌が命を失った。
その事件は早朝5:30乗客をおろすためにバス停に止まったときに起きた。
黒服の二人組がやってきた現金を要求、しかし車掌がこれを拒否し強盗は彼に発砲。すぐに二人は逃走するためにバイクのあるところに走り去っていった。
救急隊は車掌に何もすることが出来なかった。なぜなら頭に銃弾が撃ち込まれていたから。

あるバス運転手は事件の内容を再確認して、こう確約した。毎週月曜日にQ11,000を113の道路補修団体?に支払わなければならないから強盗の要求は飲むと(よくわからん)。
「私たちのバスの上には青と白の旗を載せている。それは悪党から攻撃されないということを示している」と経営者は言った。



微妙に難しい文章で、なんだか変な訳になってしまった。

今日も死亡記事。事件性の記事はほとんどが誰か死んでいるグアテマラじゃしょうがないか。
となると当ブログは毎日暗い内容になってしまうな。一面にこだわらず面白そうな記事を載せることにしよう。そうしよう。





早起き出来ず

早起きしようと思ったものの、妙に寒くて断念。
出勤前に食堂で朝食をとろうと思ったのに。相変わらず意志が弱い。


今日の一面

2/21/2011 lunes numero 4,722

運転手がコントロール出来なく、400箱のトマトを運んでいたトラックが横転した。

首都へ向かうエルサル街道が数千個のトマトで作られた絨毯の様になった。
トラックが400箱のトマトを運んでいたら、驚くような理由で横転した。

ロナルド(40歳)は重いトラックを運転していた、そしてあるカーブに時速80キロでさしかかったとき、速度を落とそうとした。
「そのときブレーキが利かないことに気づいたのです。だから同乗者に強く掴まるように言ったのです、なぜならどうやって車を止めるかわからなかったから」と語った。
10、15地区へ向かう立体交差点につく前に、スピードを落とし、壁に車をぶつけることで、道路脇に車を止めようとした。
しかしその考えは機能しなかった。時速75キロになったときコントロールを失い横転した。
トマトは空へ飛び出し、そして道路にプレゼントした。

同乗者の二人は車から出ることが出来た、なぜなら運転席は粉々になっていたから。
幸運にも3人は腕と頭の軽傷で済んだ。
消防士たちは3人を病院へ運んだ。
「ブレーキはよく効いていたけど、なぜあそこで効かなくなったかはわからない。いつも仕事前には整備チェックもやっていた。ただ重要なことは私たちの命が無事だったことだ」

事故現場に居合わせた人たちは事故につけ込み、散乱されたトマトを袋にいれて持ち帰った。
トマトたちはEl progresoからMayoreoに移された。


珍しく人が死ななかった記事でうれしい。





darse cuenta de(que)~
por fortuna

新聞読んでいきます

ぼちぼちやっているスペイン語の勉強。
自分に一番足りないと思われる語彙を中心にやっている。

5月にDELEというスペ語検定の試験があるのだけれど、おそらく歯が立たないのでそこはパスして11月の試験を受ける予定。そこを目標に勉強していくと決意。


スペ語については当然会話は毎日あるのだけれど、読むことに関してはほとんどせず。
そこでスペ語の長文に慣れるために、毎日新聞を読むことに。
全ての記事を読むことは大変だけど、せめて1面から数ページは読みたいところ。
そんな決意をしたところで三日坊主の自分に続くだろうかと不安もあるので、本ブログで一面見出し記事の和訳をアップしていこうと思う。どうやら毎日数名の読者がいるようなので、禁煙の時と同じように宣言をすることで有言実行としたい。
ちなみに新聞はNuestro Diarioという大衆紙を選択。硬くない文章とグラビアが決め手。

Diario

では早速本日の一面を。

2/20/2011 Domingo numero 4721

バス代値上げに抗議する。
~PeroniaとVilla Nuevaの住民がバス会社(運転手?)の制裁を要求する~

約200百人の住民が昨日抗議した。DGT(知らん)が運賃値上げを決めた人へ制裁の警告をしたにもかかわらず、値上げを維持したため。
公正な運賃取り扱いを求めたポスターとスローガンを使い4時間町の入り口を封鎖し、新しい経営者の流入を求めた。
「Rapidos de Peronia(バス会社)の運転を我々は取り上げる、なぜならQ4~5不正に多く徴収しているからだ」
不満を持っている一人のマリオ・ゴメスさんは言った。
抗議している間AUTU(知らん)の高官に訴えた。
DGPは値上げした経営者(運転手?)に罰金を課すために多くの地域で効果的なことを行なっていくことを通知した。
今週18路線でそれぞれQ25,000の罰金が決まった。
以上。


綺麗な日本語に直すのはめんどくさいのでこんな感じで。

決断の時

またmanifestacionで職員は首都へ。
特にすることもなく、ぽつんとオフィスにいる私。
こういう日は休みにしてもらいたいもんだ。

それにしても
今週は集落の戸別訪問をしたもんだから、ノミなのかダニなのかわからん虫さされがいっぱい。
集落に行くとほぼ確実にもらってくるが、なぜか同僚は問題無しの不思議。
温室育ちの日本人の皮膚は柔らかく美味しいんでしょう。


そして
ハラパに赴任して約3ヶ月半が経った。バカンスを挟んでいるので実質1ヶ月半しか活動は行なっていないけど上司から今後の活動の方向を週末に決めろとのお達しが。

①eotomologia  サシガメ調査をしたり薬剤散布をしたり
②promocion   学校や住民などへの啓発活動とか
③mejoramiento  住居改善中心

この内から選べと。
正直悩む。この選択でこの先の活動が決まるんだから。どうすっかなー。
もちろんこのどれでもなく、好きなようにやらせてもらいますから、ということも出来るのかもしれないが結局のところシャーガス対策は上記3つのどれかにおさまるのだろう。

何となく決まってるけど週末にゆっくり考えよう。

日本文化紹介

日曜日に日本文化紹介をハラパの隣のサンタロサ県クイラパ市で行なった。

文化紹介
写真では微妙だがかなりの人数が来てくれた。
シャーガスブース
自分は感染症対策隊員としてシャーガスブースを担当。

Eさん
Eさんは合気道の演舞を披露していた。完全に武道家の顔だったが、夜にはいつもの酔っぱらいになっていて一安心。

統括のねがおぷさん、おつかれさまでした。

夜には打ち上げも兼ねた帰国隊員の送別会。
デスペ
いつもながら凄いごちそうです。



茶留裸タカシ、復活

久しぶりに茶留裸タカシが復活した。

今日はSanto Domongoでチャルラ(テーマについて聴衆にお話すること)。同僚がお話ししていく中、最後に私の番が。テーマはシャーガス病の垂直(母子)感染について。

チャルラ3
聴衆は集落の住民約50人。
チャルラ
私。
チャルラ2
腰を浮かして熱弁?

久しぶりだったから緊張した。

古新聞

今日はMonjasという町にあるE.T.V.の支所へ。
そこには使われていないlaboratorioがあり、備品チェックも兼ねた建物の大掃除を行なった。

あるわあるわ(おそらくは)JICAを通しての日本製の検査用品の数々。
P1000623.jpg
P1000622.jpg
他にもたくさん。あるのはいいけど、あまり使われていないのが悲しい。この間受診したハラパ市の病院にもJICAのシールが貼られた医療機器がたくさんあった。グアテマラで日本語を見るのはうれしいけど、現地の人は中国語だと思っているだろうな。

そんな中、驚くものが
P1000626.jpg
読売の古新聞。しかも
P1000625.jpg
見えづらいけど、なんと昭和53年!
まさかグアテマラで私と同い年の古新聞を見るとは。これ日本で見つけても嬉しいよ。
32年前の記事はというと、それが今と大して変わらない内容。生活習慣病についてやプロ野球のこととか。
面白かったのは、中国での日本人観光客のマナー問題について。今日本でも中国人観光客のマナーが悪いとか批判されているけど、同じことやってきてるのね。

午後には昨日のencuesta(サシガメ調査)で捕まえてきたサシガメの陽性率チェック。顕微鏡でサシガメの血液を視る。
P1000627.jpg
このおじさん、検査技師とかではなく普通の?職員。持っているサシガメに穴をあけて血液を採っているところ。しかし・・・。
サシガメというのはシャーガス病の原因となる原虫を持っているかもしれない危険なもの。ところがこのおじさん、防護服はもちろん、眼鏡やマスクもせず(手袋はさすがにしていた)そのままブスッと刺して血液を採っている。もし血液顔に飛んだらどーすんだ!思わず逃げてしまった。その後の清潔操作ももちろん出来ていない。
E.T.V.には技師がいるんだから、その人にやってもらった方がいいだろう。

明日はSanto Domingoという町へ。久しぶりのチャルラ予定。

最近の食生活

最初はパスタばっかりだったけど飽きてしまい、最近の夕食は韓国製のインスタントラーメンがほとんど。

首都にQ4(約40円)で売ってるからまとめ買いしている。


メキシコでは日清のカップラーメンが凄く売れてて、インスタント食品ばかり食べることに批判が出始めているそうだ。グアテマラではそんな批判は聞かないけど似たような状況だろう。

でも気持ちはわかる。調理器具も食品も日本ほど発達していないから、料理するにも日本より手間がかかる。かといってアジアのように格安の屋台などもあまり発達してないから(あるにはあるけど)、インスタントのような簡単なものを選んじゃう。働いてるお母さんも多いしね。

こんなこと書いて
じゃあお前はこれからインスタントラーメンはやめて、ちゃんとしたものを作るのかというとそういうわけではない。めんどくさいからラーメン食べます。ホントあってよかった韓国ラーメン。グアテマラでは食材と家電は韓国の圧勝です。

三日酔い

二日酔いが抜けていなく、まだ少し気持ちが悪い。



今週末は気をつけよう。

愚か者

土曜の夜sedeにいた4人でしこたま飲んだ。

後半は記憶がなく、おイタしたらしい。

翌朝久々にお酒で吐いた。

タバコと違ってお酒はヤメるつもりはないけど、ほどほどにしないと。

愚か者
愚か者
愚か者2

MANIFESTACION

今日は首都でデモ参加のため職員のほとんどがいない。

本当は一緒に行きたいけどJICAはボランティアの政治的な活動を禁止しているので行けなかった。

仕事を休みにしてくれればいいのに。


暇だったのでkeynote(macのプレゼンソフト)の使い方を学ぶ。

今までプレゼンなんてほとんどしたことがなかったけど、4月には中間報告があるし、活動でチャルラするときに使うかもしれないから今のうちに練習しておく。パワポはよく知らないけど、keynoteのテンプレのキレイなこと。さすがappleだ。


訳あってこの国でmacbookやtouchを買ったけど、もう完全なappleユーザー。



今日で1月も終わり

あっという間だった1月。

充実してたのかしてないのかよくわかんないけど

風邪に食あたりと、体調は思わしくない月だった。

2月は日本文化紹介に職場の活動も詰まってて忙しくなる予定。


いい加減飽きてきたので早く咳おさまれ。



プロフィール

jalapaneco

Author:jalapaneco
性別:男性
出身地:北海道
生年月日:1978年12月16日
お住まい:グアテマラ
青年海外協力隊員としてグアテマラに住んでいる趣味がバイクツーリングな男

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
188856位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
39259位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。